金属アレルギー 看護師 求人 大阪

Apple、「ディスプレイ以外」でタッチ操作を可能にする新たな特許を出願

fc2blog_20121108221516c1c.jpg

この技術が実用化されれば、iPhoneやiPadの形状はまた大きく変わるかもしれません。

Apple Insiderは、Appleが申請した特許技術の中に、非常に興味深い物が含まれていたと述べています。



microperforations liteという名称のこの技術、簡単に言えば金属面に微小な穴を施す事により光を通過させるという物。

fc2blog_201211082214502dc.jpg



fc2blog_20121108221505c1d.jpg


Appleは本特許の出願においてMacBookのAppleロゴを例にした参照画像を添付していますが、技術情報を詳しく紐解くとこれは林檎ロゴを光らせるだけではなく、タッチ領域をディスプレイ外に広げる為の技術ではないかと、Apple Insiderはもとより別の記事でTUAWも同様の意見を述べています。

Appleは以前からiPhoneやiPadのベゼル部や背面をタッチ操作の領域とするコンセプト技術を披露していました。そこに具体的な技術の裏付けは語られていませんでしたが、今回の技術はディスプレイ外に「見えないボタン」を浮き上がらせる事を可能にする物だというわけ。技術利用のイメージは、自動ドアに使われている光電センサーのような感じでしょうか。

iOS6.0.1から採用された指の識別機能でスマートフォン/タブレットの進化の方向性を示したApple。蔓延するタッチパネル操作一辺倒のガジェット市場に自ら風穴を開けて欲しいな。


管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...