金属アレルギー 看護師 求人 大阪

ソフトバンクのWi-Fiスポットはなぜ繋がりにくいのか? 店舗設置状況から検証してみた

fc2blog_20121205133757474.jpg

繋がるWi-Fiスポットリストをデータ化して持ち歩く事が日課となってしまった、Wi-Fi難民のガジェ男です。こんにちは。

iPhoneを契約するとキャリアが運営する無料Wi-Fiスポットが利用出来るのですが、「繋がらない」「スピードが遅い」とあまり評判が良くないようです。以前も記事にしましたが、特にソフトバンクのWi-Fiスポットは評判が悪く、様々な媒体で酷評される始末。

先日ソフトバンクのWi-Fiスポットを設置する店舗の中の人と話す機会がありましたので、今日はその裏側の事情を皆さんにお伝えしたいと思います。



あるはずのSSIDが見つからない理由

おとうさんシールの前でWi-Fiを使おうとした時に、そこにあるはずのSSIDが見つからないという事態に遭遇した事はありませんか?

私も今までは「電波状況から悪いからかな?」と気に留めていなかったのですが、ある知り合いのコンビニオーナーから衝撃の告白を受けました。

「ソフトバンクのWi-Fiスポット?あぁ、たまに電源切ってるよ」


!?


理由を尋ねると、どうやらWi-Fiスポットを求めて駐車場に若者がたむろするようになったため、頃合いを見てルーターの電源をOFFにしてるんだとか。

理解出来なくもないですが、一般ユーザーにとっては迷惑な話。ただこの背景には店舗オーナーにとってのWi-Fiスポットは「サービスの一環」であり、使わせてあげているという心理が働いている限り扱いが粗末になるのも仕方がないのかもしれません。


エリア展開が無計画な理由

ソフトバンクのWi-Fiスポットはコンビニ以外でも飲食店を中心とした小売店でよく見かけます。中には隣接した店舗でソフトバンクのWi-Fiスポットを提供しているケースも。

Wi-Fiスポットの数が多い事は有難いのですが、あまりに無秩序なエリア展開は電波干渉の原因になる事も。何よりiPhoneが頻繁につかんでしまって鬱陶しい事この上ない。一体何が原因なのでしょうか?

実はソフトバンクのWi-Fiスポットの導入ルートには、2種類のケースがあります。

ケース1:大手コンビニやフランチャイズ展開の飲食店への導入
ケース2:小売店への個別の導入

ケース1については本部指導のもとにフランチャイズ店舗が一斉にWi-Fiを導入するパターンですが、店舗展開が綿密に計算されている事もあり、隣接したWi-Fiスポットは発生しにくいようです。また本部指導の影響もあってか、ルーターの設置場所も比較的条件の良い場所が確保出来ているように感じます。

問題はケース2のパターン。

店舗のオーナーと個別に交渉を行い導入を進めていくわけですが、交渉をするのがソフトバンクの営業マンではなく、代理店の営業マンというのが気になります。

1件につきインセンティブいくらの契約のみで導入交渉を行う為に、彼らにとって優先されるのは計画的なエリア展開ではなく、いかに契約数を稼ぐか。結果的に無秩序な設置が繰り返されてWi-Fiの電波干渉が起きているというのが現状でしょう。

最近はソフトバンクもある程度計画的な設置を行うための指導を行っているとも聞きますが、お父さんシールの乱立を見ると、その効果も眉唾。都市部でソフトバンクのWi-Fiスポットを快適に使うのは、もはや至難の技になりつつあるようです。


ログインしても通信出来ないWi-Fiスポットの存在

無料のWi-Fiスポットを利用している際に個人的に最もストレスがたまるのが、Wi-Fiに接続しているにも関わらず通信出来ないパターンです。

接続数が多過ぎたり、チャンネルが重なって干渉が発生しているパターンもマズーですが、もっと根本的な問題もあるようです。それはルーターに不具合が起きているケース。

ソフトバンクのWi-Fiスポットで最も多く使われているバックボーンはYahoo ADSLですが、このモデムがとっても貧相。何らかの通信エラー履歴が残ったままだと通信出来なくなる場合があり、定期的にモデムの再起動を行う必要があるという手間がかかる子なんです。(利用していた私が言うのですから間違いありません!)

にも関わらず、店舗スタッフがWi-Fiをメンテナンスしている所も少ないようで、バックボーン用のADSLモデムがエラー表示のまま誰も気が付かずに長期間放置されていたなんて笑えないケースも。あまりにもひどい場合は、店舗スタッフに確認してもらう方が良いかもしれません。


ぜひ運用面の見直しを

先日ソフトバンクからWi-Fiスポット改善についての報道発表がありました。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利便性向上に向けた取り組みについて

主なトピックはセキュリティ強化と5GHzサポートとなっており、ユーザーにとってメリットのある内容となっています。

しかしWi-Fiスポットに関するトラブルの原因は設置までのフローと設置後のアフターに問題があるケースが多いという事は、今回の記事でご理解頂けたかと思います。ハードやソフトウェアの技術面について日々研究・開発する事も大事ですが、ソフトバンク及びWi-Fiスポットを管理する企業各位におかれましては、取り急ぎ運用面の見直しを是非お願いしたいと、一iPhoneユーザーとして心から願うばかりです。

au wi-fi

au wi-fiよりも審査基準が甘いイメージがありますね

2012.12.08 09:51 ぴーしー西谷 #- URL[EDIT]
なるほど。

ログインできるのに通信できないのはそういった理由があったのですか…
ありがとうございました、

2013.09.02 23:57 ゆうま。 #- URL[EDIT]
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.08.31 17:47 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...